2013年01月11日

昨晩の電話。

昨晩、私のPHS宛てに懐かしい人から電話があった。
会社にいた時の直属の上司だ。

エレクトーンの練習をし終えた後、PHSを見たら
「着信アリ」になっていたので、
数年ぶりになるけれども、こちらから電話してみた。

上司が今も単身赴任であること、病気をして昨年手術したこと、
私がいた頃の人たちは殆ど辞めていってしまったこと…
20分あまり、色々話した。

私自身、会社を辞める時、
身体も心も壊してしまい、相当悩んだし、
辞めてからも悩み続けたし、今も決して好調なわけではない。

「もし」「たら」「れば」は人生には禁句だが、
もし、あの時無理に会社に残ったとしても…
必ずしも万々歳ではなかったかもしれない。

辞めるのも凄く苦しかったけれども、
残っても、おそらくかなり苦しかっただろうと思う。
あの時の私の決断が正しかったのかどうか…
それは、今でも分からないけれど。
でも、今歩んでいる道を精一杯生きるしかない…
そう思う。   

Posted by Dorothy (ドロシー) at 01:09