2013年10月11日

突如、緊急事態発生。

ここ最近ずっと、母が目の具合が悪いと言っていた。
右目が薄暗くなるとか…
そしてここ数日は、右目が点滅するとか言い出した。
今週の月曜日、モーニングバードの
「アカデミヨシズミ」で、緑内障のことをやっていて、
何か母の症状に似てるな~と気になった。

母に、「一緒に行くから眼科に行ってみよう」と
言ったんだけど、医者嫌いで頑固な母のこと…
「何、昨日は点滅したけど、今日は良くなったし、
 後でいいべ」と、
家族の言うことにはなかなか耳を貸してくれない。

火曜日、母は行きつけの美容院に行った。
美容院で目の状態を話したら、美容院の奥さん(美容師さん)が
「奥さん、目のことだからすぐ、今日にでも眼科に行った方がいい」と
言われ、美容院から帰ってきて、
「やっぱり眼科さ行ってくる」と言ってすぐ
最寄りの眼科に出掛けて行った…

家族の言うことはなかなか聞いてくれないのに、と
少々腹も立ったが、結果的には美容院の奥さんに
感謝しなければならない。

母は、「進行した緑内障」だったのだ。

最寄りの眼科では点眼以上の治療ができないため、
市内中心部の、緑内障専門の先生がやっている眼科を紹介された。

一昨日、私が付き添って行ったのだが、
いきなり「今日、レーザー手術をやります」と言われて
私の方がびっくり仰天。
そんな簡単にできるもんなんだ!
今のうちであれば、レーザー手術で済むということだそうだ。
もっと進行しなくて良かった、とも先生から言われたようだ。

母の方が
「5分か10分でできるっていうし、痛くないっていうから
やってもらうしかねぇべ」と余裕の表情…

あれ、手術とかって言われたら、一旦家族と相談しますって
話を持って帰るって言ってなかったっけ…?


まぁ、本人がやる気になってくれたのだから安心である(苦笑)

短時間で手術を終えた母は、すっかり元気になり、
目薬を処方してもらう調剤薬局でお菓子を買い、
(薬局なのに、何故かせんべいとかおかきとか一杯売ってて…)
本当に手術をした人なのか?!と、こっちが唖然とするぐらい…

今日も付き添って行ってきました。
今日は経過を見るだけで、
後はもう一方の左目もちょっと悪くなっていて
レーザー手術をした方が良いということになり、
来週の水曜日にまたレーザー手術に付き添って行ってきます…

今日も母は異様に元気。
駅前に寄って買い物してから帰ったし…

こんなんだったら…

「もっと早く、家族の言うこと聞いて欲しかったよ~」

というのが本音ですが、
大事にならないうちにレーザー手術できたので、
良かったと言うべきですよね…(^_^;)

  

Posted by Dorothy (ドロシー) at 20:47